クレジットカードに優待や特典がある理由

1-creditcard-courtesy

消費者に数々のメリットを与えてくれるクレジットカード

一枚持っていると、現金を所持していなくてもショッピングが出来るクレジットカード。お買物するたびにポイントが付いたり優待特典があるなど、お得なことばかりに思えます。けれど、なぜクレジットカードは消費者に数々のメリットを与えてくれるのでしょうか。

利用者のショッピング費用を立て替えるだけでは、ビジネスにならないはずです。理由は簡単、カード会社の利益は加盟店からの手数料と会員が利用するキャッシングやリボ払いなどの手数料にあるからです。それでは加盟店が損になるのでは?と心配する、心やさしい方もいるかもしれません。

しかし加盟店には、特典を付けてでもクレジットカードを利用できるショップになることで販売機会を獲得できる利点が発生。しかも現金の受け渡しという面倒な手間が省けて、お金の管理が楽になります。カード会社、加盟店、会員それぞれにプラスになるのが、クレジットカードの特徴です。

手数料がカード会社に落ちる仕組み

より多くの会員を獲得するための優待や特典

クレジットカードを持っていると、ポイント還元があるからお得?いいえ、実際にはもっとたくさんの特典があります。代表的な例が、ショッピングや提携サービス利用の割引。ときには半額以上の割引を受けられることもあり、クレジットカードの醍醐味といえるでしょう。

そんなに特典を付けてもカード会社はビジネスが成り立つのかと、首を傾げる人がいても不思議ではありません。クレジットカードにサービスが多いのは、より多くの会員を獲得するため。もちろん、会員に満足して大いに利用してもらうためです。お得にサービスを利用できることで会員にはメリットが、会員にサービスを利用してもらえばカード会社にメリットがあり、双方とも満足できるわけです。



他社と差別化を図る保険特典

具体的な優待や特典の内容は、クレジットカードによって異なります。違いがあってこそ、カード会社にも会員にももたらされるメリット。とはいえ、どんなクレジットカードにも共通の一般的な特典があります。例えば、ほとんどのカードに付帯しているのが旅行障害保険。

海外旅行をするときなど、掛け捨て保険に加入しなくてもいいので節約になります。珍しいのは、返品を代行してくれる保険を提供するケース。カード会社によって、他社と差別化を図る保険が企画されています。お決まりなのが、ポイントプログラム。カードを使った料金分のポイントが付与されて、ポイントを貯めると品物やサービスに交換できるのを楽しみにしている会員がたくさんいます。

ポイントプログラム、旅行傷害保険

関連記事

ピックアップ記事

4-tokuten

クレジットカード入会後初めにもらえる特典

商品券やポイントがプレゼント!入会特典の魅力 クレジットカードに入会するだけでもお得なサービスがある、入会特典も見逃せませんカード会社で会…

ページ上部へ戻る