人気クレジットカードの特典比較

8-discount-comparison1

19,000円差の年会費

クレジットカードの年会費や審査基準をランキングスタイルで紹介してみましょう。まずは年会費の面で、アメリカンエキスプレス、JCBゴールド、シティゴールド、三井住友VISAゴールドを比較。いずれも初年度の年会費は無料特典にしていますが、翌年度からの年会費はどこも有料です。

安い順からランキングにすると、1位は三井住友VISAゴールドとJCBゴールドの10,000円。2位が、シティゴールドの12,000円です。3位に着けたのは、アメリカンエキスプレスゴールドの29,000円。アメリカンエキスプレスの一般クレジットカードなら、年会費は12,000円です。

ステイタスや利用価値を考え合わせると、アメリカンエキスプレスは年会費の高いゴールドカードでも所有しておきたい1枚といえます。審査基準については、カード発行までのスピードや申し込み年齢条件から見てみると、20歳から申し込み出来るJCBゴールドが比較的発行されやすいと判断できます。

年会費比較

ポイントプログラムの違い

ポイントプログラム面から各クレジットカードを比較してみると、カード利用で一番ポイント還元率が高いのが三井住友VISAゴールド。シティゴールドでは、ポイントが無期限に有効なのが特徴です。還元率は低めながらも、ポイント有効期限が3年と長いのがアメリカンエキスプレス。

JCBゴールドでは、OkiDokiランドというポイントモールでショッピングをすると、最大20倍のポイントが付くのが特典です。クレジットカードのポイントプログラムは、なかなか順位では示しにくく、それぞれに個性があります。

ポイントプログラムの比較

旅行付帯保険とショッピング保険

旅行付帯保険の面では、JCBゴールドがショッピング300万円、海外旅行携行品障害で100万円の補償を付けています。三井住友VISAゴールドでは同じくショッピング300万円、海外旅行携行品障害で50万円の補償。シティバングゴールドでは携行品障害が30万円、バイヤーズプロテクト(ショッピング)が500万円までの補償と高めなのが目立ちます。

極めつけはアメリカンエキスプレスで、携行品障害で100万円、ショッピングで500万円の補償と万全が期されているといっていいでしょう。補償の高さでは、アメリカンエキスプレスがランキング第1位に挙がります。

その他特徴的な保険

アメリカンエキスプレスでは、ショッピング時の様々な保険特典が特徴的。特に、リターンプロテクションといって返品代行をしてくれる補償は安心です。返品を受け付けてくれないお店での買物について、一定の金額までを補償してくれる仕組みはさすが。

インターネットの不正による損害、旅行やコンサートなどのキャンセル費用を補償してくれる保険まで備わっています。ここまでのサービスはクレジットカードでも珍しく、行き届いた特典が自慢のアメリカンエキスプレスならではの特典として覚えておきたいところです。

関連記事

ピックアップ記事

4-tokuten

クレジットカード入会後初めにもらえる特典

商品券やポイントがプレゼント!入会特典の魅力 クレジットカードに入会するだけでもお得なサービスがある、入会特典も見逃せませんカード会社で会…

ページ上部へ戻る